空気清浄機ランキング2014!だれも言わない空気清浄機ランキング!【2】

スポンサーリンク

Zemanta Related Posts Thumbnailどうも。
管理人のタカシです。

こないだ病院で同姓同名のおじいさんを見かけて
ちょっと嬉しくなりました。

がんばれーって
思いながらもなんか変な気分(笑)

スポンサーリンク

ってことで。←?
今回は前回の続き「空気清浄機ランキング2014!だれも言わない空気清浄機ランキング!【2】」です。

 

加湿しながらの運転でパワーが落ちない

 

イラスト

当サイトでおすすめしている
空気清浄機の3大メーカーであるダイキン、シャープ、パナソニックは

■ほとんどの空気清浄機が加湿機能を付属搭載

しています。

 

加湿しながらの空気清浄機の運転は
冬の始まりから春の終わり頃までは必須です。

 

残念ながらシャープの空気清浄機は
加湿運転していて一番大事な空気清浄機能が落ちます。

さらに加湿設定が出来ません。
湿度50%で運転することなどできないのです。
加湿器を別途ご用意されているのであれば問題無いですが

冬場の加湿コントロールは体調管理に大きく影響しますので
加湿を求めてらっしゃる方は残念ですね。

こんなことは販売サイトでは教えてくれませんね(笑)

さらに家電芸人もこんなマイナスなことをテレビで言うわけがない(笑)
ここはとても大事なことですから空気清浄機を買うときのポイントとしております。

 

ハイグレードタイプのみ電気集塵式を採用

イラスト

空気清浄機の仕組みとして

■フィルターだけで空気清浄する

■静電気を発生させてフィルターと併用して空気清浄する

の2つがあります。

 

この

■フィルターだけで空気清浄をするのが好みが分かれるところ

ですがフィルターだけで空気清浄する
空気清浄機はHEPAフィルターという高性能なフィルターを利用しています。

 

このフィルターはかなり高性能ですが
デメリットがあります。

それは目詰まりを起こしやすいというところです。
フィルターの目が細かいのでかなりの数のホコリヤチリなどを捕集してくれます。

 

しかしその分目詰りを起こしやすく
メーカーの言うフィルターは10年交換不要というのは現実的ではないです。

 

一方、電気集塵もデメリットが有ります。それは

■水でつけ置き洗いする必要がある

ということです。
その分、フィルター寿命が伸びるということになるのですが
フィルター目詰りはいつかおきますので、フィルターを交換する必要は出てきます。

正直なところ、紙パック式の掃除機は
頻繁にパック交換をします。

 

なぜなら掃除機の機能が落ちますし、
そもそも衛生的ではないので、紙パックを変える必要があるからです。

ぶっちゃけていえば、
フィルターって汚いので毎年交換するべきです(笑)

イラスト

生きているダニが入っている
フィルターをそのまま放置しておきますか?(笑)しませんよね?

家電量販店をいくつか周りましたが
ダイキンの電気集塵を他社メーカーの方がおすすめしてくれました(笑)

 

最後はしっかりと自分のメーカーを
おすすめしていましたが、

電気集塵はかなりおすすめですよ!

と言い切ってました(笑)
いいのか?それで?って思いましたが(笑)

 

ダイキンの空気清浄機は電気集塵は
ハイグレードタイプしか搭載していないので注意が必要です。

 

電気代がイチバン安い

イラスト

空気清浄機には弱、中、強などの
風量調整がありますが、各社の設定が全て同じではありません。

しかし「中」モードでの運転を考えた時にはダイキンの空気清浄機が
性能表から判断する限り、イチバン安いです。

24時間を1ヶ月使用しても約150円程度という計算になります。

⇒ 電気代についてはこちらの記事をご覧ください

 

空気清浄機ランキング2014まとめ

イラスト

当サイトの管理人が決めた
空気清浄機ランキング2014はいかがでしたでしょうか?

 

あくまで管理人の家電量販店へのリサーチ
独断と偏見などを混ぜあわせたランキングですが

家電芸人も突っ込まない核心部分についても触れさせていただきました。
ご購入時のご参考にしていただければと思います。

 

関連記事はこちらからご覧ください。

⇒空気清浄機ランキング2014!だれも言わない空気清浄機ランキング!【1】

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

エンド

スポンサーリンク

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.