空気清浄機ランキング2014!だれも言わない空気清浄機ランキング!【1】

スポンサーリンク

Zemanta Related Posts Thumbnailどうも。
ショックなことがあった管理人のタカシです(汗)

 

最近、ヒゲと鼻毛にけっこう白髪が混じって来たことに気づきました(笑)

いままで白髪はほとんどなかったので
まずそれがかなりショックです。

スポンサーリンク

もみあげの白髪は老けて見えるので
これもまた結構ショックです。

気になると増える気もするので
見てみないふりしていこうと思います(笑)

ってことで。←?
今回は「空気清浄機ランキング2014!だれも言わない空気清浄機ランキングを大公

開!」

管理人が空気清浄機のバサッと斬りながら勝手にランキングします。
何度もイイますが管理人の独断ですがしっかり書いてますので!(笑)

 

管理人だけが教える!ここだけ空気清浄機ランキング2014!

イラスト

 

毎年9月ころ空気清浄機が発売されますが、
殆ど変わらないのが現状です。

そう考えれば「型落ちを狙う」のは
合理的な買い物だと思います。

 

そういったちょっとしたところを
管理人がチェックしてランキングをご提供します。

ってことでまずは1位からご紹介。

 

空気清浄機ランキング2014 第1位は?

 

イラスト

MCK70N

 

 

 

 

 

 

 

 ダイキンの空気清浄機
MCK70N(ACK70N、TCK70N)

 

発売は2012年ですが
2013年発売のものと性能はほぼ同じです。
つまり型落ちで価格が安いので断然おすすめの商品です。

 

最大風量は7m3です。
1分間に7m3の空気を清浄することが出来ます。

 

このダイキンMCK70N(ACK70N、TCK70N)が他の空気清浄機メーカーと違うのは

■光速ストリーマで「分解して除去」が可能
■加湿時にパワーが落ちない(他社は落ちる)
■電気集塵式を採用している(フィルター性能が落ちづらい)
■電気代が一番安い
■加湿の度合い(%)を設定できる(他社は出来ない)

 

特に光速ストリーマというダイキン独自の機能があることで
他社にはない機能ということで光速ストリーマを目的に購入する方も多いです

 

空調メーカーの老舗の技術を
余すところなく投入しているところが良かったです。

下記はその「老舗メーカーの技術」について書いていきますね。

空気清浄機ランキング2014に推した理由 ダイキンの光速ストリーマ

イラスト

光速ストリーマは
ダイキンのアクティブプラズマイオンというイオン放出機能

シャープならプラズマクラスター、パナソニックならナノイー

ではできないこと、つまり
本体内で強力なプラズマ放電し作用するという機能です。

 

イオンと決定的に違うのは
本体内で強力に「分解」して「除去」が出来るということ。

そのパワーは

■花粉の外皮と内部を破壊
■カビ菌を除菌
■加湿部にも放射しカビやぬめりを除菌
■ディーゼル粉塵など排ガスの一部を分解し除去
■NOxなどの有害物質を分解し除去
■インフルエンザウイルスを除去
■ダニのフンや死骸を分解して除去

などなどがあります。

イラスト

特に

■ディーゼル粉塵など排ガスの一部を分解し除去
■NOxなどの有害物質を分解し除去

というところはダイキンもあまりアピールしていないのですが
PM2.5対策としても役に立つと考えられます。

 

これについては一度お客様センターに
電話をかけたことがありますが、PM2.5への大きな効果をうたうには

データが少ないと思われます。
またPM2.5というくくりが、これら過去の記事にみられるように

多岐にわたりすぎていて、「コレ!」というものではないので
大きく報じることが出来ないと考えられます。

 

続きは下記からどうぞ

⇒空気清浄機ランキング2014!だれも言わない空気清浄機ランキング!【2】

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

エンド

スポンサーリンク

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.