ダイキン空気清浄機MCK70N(ACK70N、TCK70N)は電気集塵の手入れがあるが効果が高い

スポンサーリンク

af9980030099

どうも。
管理人のタカシです。

冬の朝は起きづらい。
っていうか寒すぎて起きたくない(笑)

そんなとき暖房をタイマーしておくと
とても便利ですよね。

スポンサーリンク

 

起きる数分前から暖房がかかっていれば
起きる頃には部屋も暖かくなって布団からでたくない!ってことも減ります。

電気代が気になるところですが、
最近の機種ではどんなものでも節電出来るようになっています。

節電がない商品は売れない傾向もありますから、家電はいい商品を
いい時期に購入して上手に使いたいですね。

ってことで。
今回は「ダイキン空気清浄機MCK70N(ACK70N、TCK70N)の口コミレビュー【その3】」です。

ダイキン空気清浄機MCK70N(ACK70N、TCK70N)の口コミレビュー

イラスト

さっそくですが口コミを見て行きましょう。

【口コミはここから販売サイトより引用】

パナソニックの加湿空気清浄機を
持っていますが、それと比べると手入れがしにくいです。

【ここまで】

 

そうですね。
仰るとおり手間がかかる部分があります(笑)
ただしその半面メリットが有ります。

ダイキンの手入れのしづらさは

■電気集塵部分にあります

とても重要な部分なのですが、
一般的な空気清浄機はフィルターだけに頼るという方式です。

 

つまりフィルター性能だけに頼った
空気清浄機だということです。

HEPAフィルターを採用していることが
多いのですが、高性能なフィルターだけにかなり目が細かいです。

 

HEPAフィルターは高性能過ぎて
目詰りを起こしやすいというデメリットも有ります。

つまり本体性能はフィルターに依存している状態なのですね。
空気清浄機能が一気にガクンと落ちていきます。

 

一度フィルターが目詰まりを起こせば
そのあとは一気に目詰まりが目詰まりを呼びます。

そうなるとどうしたらいいのか?
フィルターを交換するしかありません。

イラスト

メーカー各社は10年はフィルター交換が不要だとHPで言っていますが
最長で10年持たせることができるというだけで、実際にはもっと早い交換が必要だと思います。

 

空気清浄機のフィルターは言うなれば
ゴミ箱の袋と同じですよね?

いくら脱臭機能がすごいごみ箱でも
設置したゴミ袋を交換しないでいられるのはせいぜい数日。

 

よく考えて見れば、フィルターには多くの得体のしれない物質が付着しています。
それをそのまま放置しておくのはいい気分じゃないですね。

電気集塵はその点を考慮しHEPAフィルターと違う
目の細かすぎない高性能フィルターを採用。

 

電気集塵で集塵効率を劇的にアップしています。
結局のところ

■お金をかけてフィルターをマメに交換する
■お手入れしながらフィルター寿命を延ばす

どちらかになります(笑)
当然のことながら完璧な空気清浄機はありません。

 

どこかで妥協して頂く必要があります
特に空気清浄機は

■フィルターだけに頼る方式かどうか?

という点で、ダイキンか他社か?というくらいの選別があります。
電気集塵式かフィルター式か?ということですね。

 

管理人イチオシの・・・

イラスト

管理人が当サイトでおすすめしているイチオシ空気清浄機はダイキンのMCK70Nです。
当サイトの誰も言わない空気清浄機ランキング2014の第一位としてオススメしております。

 

なぜならコレ以外に、ダイキンの光速ストリーマならば
電気集塵でとりこんだ物質を分解してくれるからという理由があります。

 

光速ストリーマはダイキン独自の技術
なのですが、本体内部に取り込んだ物質に照射すると「分解」してくれるというものです。

つまり無害化し別の物質に変える
といっても過言ではないですね。

 

内部では光速ストリーマ。
外部ではアクティブプラズマイオンというマイナスイオン放出。

イオン放出においては他社と同格ですが、光速ストリーマという内部施策に関しては
他社よりも一日の長があります。

 

こちらから管理人イチオシの空気清浄機の記事をご覧いただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

エンド

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.