シャープ加湿空気清浄機 KC-A50とKC-B50の違いと口コミ

スポンサーリンク

af9980031992

どうも。
管理人のタカシです。

人の噂も七十五日。
よく言ったもんだな(笑)

アマゾンよく使います。
購入者がかいた口コミは全てではないですが、役立ちますね。

 

 

スポンサーリンク

ってことで。
今回は「シャープ加湿空気清浄機 KC-A50とKC-B50の違いと口コミ」

です。

 シャープ加湿空気清浄機 KC-A50とKC-B50の違いは?

イラスト

シャープ加湿空気清浄機
KC-A50とKC-B50のおおきな違いですが、
2011年発売か2012年発売かというところがあります。

 

当サイトでもよくお話しますが、
空気清浄機は毎年9月に新商品が発売されます。

しかしほとんど性能の違いはないです
これらを考慮するとあきらかに「型落ち」といわれる商品を買ったほうがオトクです。

 

さらに古ければ古いほど安くなる。
当然ですが機能や性能が変わらなくて安い商品を買いたいのでそうなりますね。

 

肝心のKC-A50とKC-B50の違いですが、

■フィルターが10年交換不要となった
■加湿機能が自動運転となった
■給水タンクに銀イオンが採用された抗菌仕様となった
■ホコリよけに送風口にルーバーが付属した

 

くらいのものです。
はっきりいって、ほとんど機能は変わりません。

 

ですのでシャープの空気清浄機は
2014年の8月まで(9月に新商品がでるので)は

■加湿機能がついたKC-A50を購入するのがオトク

ということになりますね。

 

HEPAフィルター寿命は10年?について

イラスト

シャープ社製の空気清浄機に関して
だけではなく空気清浄機全体として考えなくてはいけないことがいくつかあります。

それはフィルターの交換不要10年というものです。

 

当然目安があるのですが

■状況、環境によりフィルターの目詰りが発生する

■吸い込んだダニのフン、死骸などをフィルターに放置しておくのは不潔

■環境により寿命が早まるケースが多数あると思われる

 

つまり、ご家庭の状況や使用場所や使用方法によっては
フィルター交換の時期が早まる可能性がかなり高いと思います。

当然、カビ菌が付着したホコリ
ダニのフンや死骸がフィルターにひっかかっているわけですので

交換時期は性能が落ちたと感じる前にあるべきだと考えるのは
管理人だけの意見では無いでしょう。

 

フィルターの交換費用も
購入時によくお考え頂く必要もあります。

 

フィルター交換費用は
ネット通販で3000円~4000円程度。

どんな空気清浄機でも交換時期は
やってきますので意識していただければと思います。

 

KC-A50とKC-B50の口コミは?

イラスト

【販売サイトより引用】

空気清浄機を初めて購入したので
他社のものとは比較できませんが、かなり良いと思います。

お掃除をしても取りきれない、
部屋の埃っぽさが消え、空気が澄んだ気がします。

風邪をひきやすく花粉症も
少しあるのですが、鼻と喉が楽になりました。

また、静音設定ができ光も切ることが
できるので、眠る時も気になりません。

ダメな点は、本体が大きく邪魔になる事と、自動運転にしていると
部屋が若干寒く感じること。でもこれだけの機能なら問題なしです。

【ここまで】

初めてのご購入はやはりシャープを購入される方も多いですね。
やはりプラズマクラスターの知名度、信頼度などの影響が大きい気がします。

 

KC-A50とKC-B50の違いはほとんどなく
フィルターはどちらもHEPAフィルターを採用しています。

このHEPAフィルターはマスクで言うと
放射性物質を吸わないようにするレベルに近くかなり高い性能です。

 

当然部屋のホコリ程度ならばキレイにしてくれますし、
花粉の大きさは30μmという

大きさですから0.3μm以上の物質を
濾過できる能力のあるHEPAフィルターならば、

普通の生活をする上でも問題ないです
KC-A50とKC-B50のどちらも
PM2.5についても対策できている商品として表示がされています。

 

音に関してですが5.0m3/分の
空気清浄能力を持っているこのKC-A50とKC-B50。

最大風量が小さいのでそもそも音の
心配は少ないと言ってもいいでしょう。

 

寝るときに意外と気になる
LEDランプはオフに出来る設定がありますので音と光を気にせず眠れますね。

 

残念ながら加湿器は気化方式という
方式を採用しています。

気化方式はどんなメーカーの
空気清浄機でも絶対に本体から出てくる風が冷たくなります(笑)

ほとんどの空気清浄機は
この気化式を採用していますが反面電気代が安い。

ヒーター加熱方式という加湿方式は
本体から出る風は冷たくならないですが、正直電気代もかかるし、うるさいです。

 

完璧な空気清浄機は正直ありません。
どこかで妥協していただくしかないですね。

 

空気清浄機は24時間つけっぱなし?の口コミ

イラスト

【販売サイトより引用】

毎日24時間つけっぱなしです!
喉がすぐ痛くなるけど使いだして痛くなってないです。

【ここまで】

HEPAフィルターとプラズマクラスター
のお陰でのどや鼻がかなり楽になってらっしゃるようですね。

管理人のおすすめはズバリ

■空気清浄機の24時間運転

です。
24時間運転することで眼に見えないような微細なホコリや

部屋の隅々の空気を自動でかき集めて
人がいない間に清浄してくれます。

 

人が生活しているとそれだけで
目に見えない微細なホコリ等が床から舞い上がります。

それらはすぐに床に落ちるものと
長いものでは10時間以上も宙を漂っているようなものまであります。

 

それらは重力の影響をあまり受けることが無いため、長時間漂っているのです。
朝外出して、夜、帰宅した時にせめて寝室やリビングの空気はキレイにしておきたいものです。

 

またシャープの空気清浄機の加湿機能は60%を保つように設定されています。
逆に言いますとそれ以上になる設定はないですが、それ以下になる設定もありません。

 

あくまでシャープの空気清浄機の
加湿器は、簡易的な利用となりますが寝室で寝るときに付ける程度なら問題ないことでしょう。

 

個人的なおすすめはKC-A50とKC-B50よりも最大風量が大きい

■KC-A70とKC-B70がおすすめ

です。
なぜなら大きさが殆ど変わらないのに
空気をキレイにする能力がとても高いからです。

単純計算で、KC-A70とKC-B70の空気清浄能力はKC-A50とKC-B50の1.4倍です。

 

見ていただくとわかりますが

KC-A70⇒ 幅399×奥行278×高さ603(mm)
KC-A50⇒ 幅382×奥行247×高さ570(mm)

と数センチしか違いません。
たった数センチの違いで清浄能力が1.4倍になるならば
そのほうがお得だと思いませんか?

 

どうせ型落ちで安く買えるのですから
その分能力に投資をするのがいいのでは無いか?と管理人は考えます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

 

エンド

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.