【後編】空気清浄機で花粉対策効果を高める利用方法は?

スポンサーリンク

 

どうも。
ホンキで走ることができなくなってきた管理人タカシです(笑)
効果がある筋トレって何なんだろう?
最近、お腹まわりが気になる出しているので

コンビニや書店で雑誌特集が気になります。
そういえば、正月明けとか夏前以外にも年中そういう特集が多い気がします(笑)

スポンサーリンク

 

太っても痩せやすい食べ方って特集があれば、雑誌に手が伸びてしまいそうな気がします。空気清浄機もフィルターがメタボになるとアウトです。見落としがちですがとても大事なポイントですね。
今回は「【後編】空気清浄機で花粉対策効果を高める利用方法は?」です。

 

空気清浄機の花粉対策効果を高める方法は?

イラスト

空気清浄機本体の性能は購入時からアップしません(笑)
ですから使い方を変える必要があります。

 

それは

■家の玄関に空気清浄機を置くこと

です。
基本的に花粉の侵入口は玄関や窓です。

それらは人やペットに付着して
家の中に侵入してくることとなります。

 

マスクをしてインフルエンザウイルスの体内侵入を防ぐように
つまりこれらの花粉侵入口に空気清浄機で対策をするそのことが大きな効果を生みます。

 

玄関で空気清浄機を全力で運転する

イラスト

 

空気清浄機の利用を24時間した方がいいということは、このサイトで何度もお伝えさせて頂いております。

 

その理由は効果と電気代のバランスを考えた時に、得られる効果が電気代をはるかに上回るからです。

 

 

電気代も各社のHPに発表されている性能表を見ながら計算してみましたが、
標準運転ならば1ヶ月24時間使用しても、約150円程度~という金額。

 

自動運転ならば空気が汚れたら勝手に
強弱をつけた運転をしてくれますので

人間がいちいち強弱をつけて
消し忘れが発生するよりもかなり節電にもなります。

 

家族が帰ってくる、もしくは自分が帰ってきた時だけ
玄関において、空気清浄機を全力で運転する。

もちろん家に入る前には
カラダから花粉が落ちるように衣服を入念に叩いて置きます。

 

さらに玄関でも同じく空気清浄機を作動して、衣服を入念に叩く。
これだけでリビングや寝室に侵入してくる花粉はかなり減ります。

※当然のことながらペットも同じです

 

花粉対策には◯◯◯◯の技術が効く?

bunkaijyokyo

ここで大事な情報がひとつ。
どこも変わらないと思われる空気清浄機の性能ですが、

1社だけ特殊な技術を応用した
空気清浄機を発売している会社があります。

 

それはダイキンです。
ダイキン社の「光速ストリーマ技術」は

■花粉の外皮と内部の両方を分解除去します

 

通常の空気清浄機はフィルターで
花粉を引っ掛けておくだけ、つまり「除去」のみですが

この光速ストリーマ技術というのは
「分解して」「除去」までしてくれます。

 

除去はフィルターで可能ですが
分解することはプラズマクラスターイオンでもナノイーでも不可能です。

また、本体内で除去された花粉はそのままフィルターに残っています。
花粉がそのまま空気清浄機の本体内に残っている。

 

それは避けたいところですが
光速ストリーマであれば「分解して」別の物質になっています。

 

一部ディーゼル粉塵などにも効果がある
光速ストリーマは管理人もイチオシの機能です。

空気清浄機を追加購入するご家庭や
古くなったので買い替えをお考えの方はご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

エンド

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.