空気清浄機はハウスダスト、アレルギー対策になるか?

スポンサーリンク

af9980034984どうも。管理人のタカシです。花粉症歴30年以上の管理人。

「アレルギー性鼻炎のせいで布団の上げ下ろしや掃除などが苦痛でたまりません」

「ホコリで目がかゆくなり、鼻がムズムズしてくると、数時間はそのまま鼻が止まらなくなる」

そんなつらい症状になる方も多いでしょう。

スポンサーリンク

管理人は、アレルギー性鼻炎まで持っています。言うなれば、筋金入りのアレルギー体質ってやつですね(笑)

管理人もふとんの上げ下ろしでも目が痒くなり、鼻がムズムズしてくると数時間はそのまま鼻が止まらなくなります。

勉強もできなくなるので、机に向かうことも出来ません。

花粉症の症状がまったくわからない人もいます。同様に、ハウスダストなどのアレルギー症状がでないので、実感がわかない方もいらっしゃるかと思います。

今回はハウスダスト、アレルギー性鼻炎、花粉症に対して、空気清浄機がハウスダスト、アレルギー対策になるかどうか?のお話。

 

空気清浄機とハウスダストとアレルギー

af9980008677

よく空気清浄機のネット販売サイトなどで

■ハウスダストやアレルギーの対策になるのか?

という質問があります。
これについては結論を言えば「対策となる」と言っていいと思います。

人間はカラダにアレルギーを引き起こす物質が侵入すると
それに反応してアレルギーが起こります。

 

これは花粉症も、ハウスダストも
ペットの毛などで引き起こされるアレルギーも基本は同じですね。

つまりこれら

■アレルギーを引き起こす物質を最小限にする

ことができれば、
アレルギー症状を起こすことは、低減されることはマチガイないですね。

■アレルギー物質をいかに身辺から除去できるか?

まさにそれが空気清浄機に求められている
と言っても過言ではありません。

 

空気清浄機の性能ではどんなアレルギー物質の除去が可能か?

 

空気清浄機がいくらアレルギー物質を除去できるといっても
かならずしも全てのアレルギーを
引き起こす物質を除去出来るわけではありません。

では空気清浄機メーカーが公表する
アレルギーを引き起こす物質とは何か?見て行きたいと思います。

■ウイルス
■カビ菌
■ホコリやチリ
■花粉(スギ、ひのき、ブタクサ、よもぎ等)
■ディーゼル粉塵
■ダニ(フンや死骸を含む)
■ネコや犬のフケ

など
パナソニックの空気清浄機性能表(引用元:パナソニック社 http://panasonic.jp/airrich/)

などです。

この中にはホコリやチリなどの
いわゆるハウスダストも含まれていますので

こちらからもやはりハウスダスト
花粉によるアレルギー対策としては効果があるといっていいと思います。

 

別の側面からも効果あるかどうか?を見て行きましょう。

まず空気清浄機の基本性能から。
2013年に客観的な空気清浄機の基本性能についてですが、

HEPAフィルターの目の細かさは0.3μmです。
さらにHP上で空気清浄機メーカー各社が

■0.1μm以上の大きさの物質は清浄が可能

と発表しています。
※基準の内容についてはこちらの記事をご覧ください。

ハウスダストの大きさは多様で
だいたい10~100μmという大きさです。

0.1μm以上であれば問題ないので
そもそもハウスダストレベルなら空気清浄機は
対策として役に立ってくれそうですね。

 

次に花粉ですが、花粉の大きさは30μm
というフィルターの目の100倍ですから

花粉の時期に空気清浄機が
役に立たないわけがありませんね。

というわけで花粉も空気清浄機を
使っていれば気にする必要はないですね。

 

ではカビ菌やバクテリアなどの
アレルギーを引き起こす浮遊物質ですが
こちらはだいたい0.1μm~の大きさとなっています。

ですのでカビ菌やバクテリアに関しても
2013年からの空気清浄機の
性能基準に照らし合わせれば問題ないことがわかりますね。

 

空気清浄機では除去できないアレルギー物質は?

af9980034966

空気清浄機の性能は

■0.1μm以上の物質

に限られるということはご説明したとおりです。
では空気清浄機が除去できないものとは何でしょうか?

 

 

 

それは

■フィルターを透過する有害ガス
■0.1μm未満の物質

です。
つまりこれらは

■フィルターの性能を超えるもの
■イオン放出系の機能でカバーできないもの

となります。
その中にはPM2.5と言われるものも多く含まれていますし
例えばタバコの煙に含まれている一酸化炭素等もその一つです。

冬場~春先までは中国からのPM2.5の飛来も予想されます。
特に2013年11月には史上まれに見るPM2.5の大気汚染状態が中国を襲いました。

 

2014年春にも2013年春と同様、
あるいはそれ以上の飛来が予想されております。

できれば十分な準備をしたいものですね。

 

これは余談ですが

■たばこの煙はPM2.5と同様レベルという話もあります

http://sugu-kinen.jp/office-kinen/interview/pdf/interview.pdf

 

ご自宅でタバコを吸われる方が
いらっしゃる場合には少し換気扇の
そばで吸っていただくなどしていただいたほうがいいかもしれません。

 

同様に幹線道路そばの家などは
残念ながらディーゼルエンジンの
排ガスなどによるPM2.5の影響があると言っていいでしょう。

 

エンド

スポンサーリンク

関連記事はこちら

コメントを残す




This blog is kept spam free by WP-SpamFree.